気持ちの伝わる結婚式の招待状

冠婚葬祭には様々なマナーがあります。その中でも結婚式の招待状は二人の門出を祝福するものなので、失礼のないように特に気をつけて書きたいですね。招待状のルールとはどんなものがあるのか挙げてみたいと思います。まず、表面の宛名の「行」を斜線か二本線で消し、「様」に変える。「×」などで消すのは縁起が悪いのでNGです。 次に裏面の「御」の文字を斜線か二本線で消す。これには「寿」の文字を使用して消す方法もあります。この方法だと少し華やかでオシャレな印象ですね。 そして、結婚式を挙げる方へのお祝いメッセージです。何を書いたらいいのかと迷う事もあると思いますが、結婚式に呼んでもらった事、招待状を出してもらった事への感謝の気持ちを伝える事が大切です。

また、招待状は親御さんの名前で送られてくる事も多いので、その事も頭に入れてご両親や親族の皆さんに見られてもいい内容で失礼のないように書く事が大事です。また、メッセージには「、」や「。」などの句読点を使わないのが好ましいとされています。それには『お祝い事には終止符を打たない』という何とも素敵な理由があるようです。 結婚式の招待状の返信は、出席の場合なるべく早く返信をする事が望ましいです。そして必ず返信をする事がマナーです。

どんなに忙しくても、電話やメールなどで済まさず、届いてから一週間以内中には返信した方が、相手の準備もスムーズになりますし、何より祝福の気持ちがより一層伝わるでしょう。また、欠席の場合は少し時間をおいてから、期限内に必ず返信しましょう。あまり早すぎる返信だと初めから行く気がなかったように思えますし、ギリギリまでスケジュール調整を行ったがやむを得ずという気持ちが相手にも伝わると思います。 結婚式は式を挙げる本人にとっても、誰を招待するか、どこで式を行うかなどたくさんの時間と費用と労力を使って作り上げる、人生の一大イベントです。招待する一人一人の事を考えて、プログラムや演出や衣装や料理、座席や引き出物にまで配慮をしてくれているでしょう。招待状を受け取ったと言う事はこの気持ちを受け取ったのと同じ事です。式を挙げる人の人生において大切な人、大事にしたい人だから招待しているのです。様々なルールやマナーなどはありますが、一番大事な事は、この受け取った気持ちを祝福と感謝の気持ちにして返す事だと思います。そう考えると結婚式の招待状とはとても重みのある、幸福の手紙のように思えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*