結婚式の招待状を作成

私は2010年に結婚をして、結婚式と結婚披露宴を行いました。すでに結婚をしていた友人に、結婚することになったことを伝えると、ブライダルフェアに行ってみて挙式や披露宴を行う会場を決めた方が良いと教えてもらいました。友人に教えてもらうまで、私はブライダルフェアというものの存在自体を知りませんでした。ブライダルフェアは、結婚式場になるホテルなどで開催されていて、実際にホテルの外観や内装の雰囲気を見たり、ホテルスタッフの雰囲気や対応を見たりできるだけではなくて、模擬挙式に参加が出来たり、ウェディングドレスの展示会や、モデルさんがウェディングドレスやカクテルドレスや着物を着て登場するショーを見ることが出来たり、当日のお料理のコースの一部を試食することが出来たり、結婚写真を撮影してくれる写真屋さんや、当日DVDやビデオ撮影をしてくれる映像会社さんに予算などの話を聞くこともできました。このほか、最近では結婚披露宴で、新郎新婦の生い立ちや新郎新婦の出会いから結婚に至るまでのヒストリーをDVDに作成して放映するのが流行っていますが、DVD作成をしたことがないという初心者の方にも上手に簡単にできる方法を、映像会社の方に教えてもらうことが出来たりもしました。

また、結婚式に招待をする招待客の方をリストアップした後にしなければならないことには、招待状を作成して皆さんに発送するという作業があります。招待状は、印刷会社に依頼をして作成をしてもらうことが多いですが、新郎新婦が自分たちで作成をして発送をすることも可能です。最近では、コスト削減だったり、自分たちのオリジナルのものを作成して手作り感のある結婚式や結婚披露宴を行いたいというカップルも多く、招待状に関しても自分たちでパソコンを使用して作られる方も増えてきています。

私の場合はパソコン操作が苦手な方で、招待状作成を上手にできる自信があまりなかったことと、私も主人もふたりとも働いていて、仕事の合間に結婚準備しなければならず、十分な時間が取れなかったので、少々値段が高くなったとしても、印刷会社さんに頼んで作っていただいた方が確実で、短時間で綺麗な仕上がりになると考えられたため、印刷会社さんに依頼をして作成をして頂きました。そして封筒のあて名書きは、筆耕をお願いして綺麗に書いて頂き、仕上がった招待状の中身を自分たちで一通一通、丁寧に封筒に入れて封をして完成しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です